CHAIRMAN

鹿児島県岳連 会長

ここにタイトルここにタイトル

ここに説明文ここに説明文ここに説明文
ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文

会長の挨拶

鹿児島県山岳・スポーツクライミング連盟は創立以来70年の歴史の中で、つねに鹿児島県及び九州の山岳会や職域山岳部と連携して、登山技術の向上、安全登山の推進、登山者のマナー向上や山岳領域における自然保護、登山道の整備、改良などに取り組んでいる山岳愛好家やスポーツクライミング愛好家の団体の鹿児島県における連合体です。
加盟団体には、主としてマルチピッチのロッククライミングや氷雪登攀、沢登や積雪期の縦走登山を行なう山岳会からハイキングや夏山縦走登山を主とする山岳会、最近では人工壁におけるスポーツクライミングが専門のクラブまで幅広い団体が存在しています。

これまで、鹿児島県山岳・スポーツクライミング連盟は、公益社団法人・日本山岳・スポーツクライミング協会および日本スポーツ協会、鹿児島県体育協会の傘下団体として、国民体育大会や九州地区ブロック大会、あるいは県民体育大会などに関わり、数多くの国体選手を送り出してきました。
さらに、スポーツクライミングが国体競技となって以来、スポーツクライミングの普及活動にも取り組み、鹿児島県体育協会や県の総合体育センターとも協力しながら5月の『こどもの日』や10月の『体育の日』のクライミング体験会などを実施しています。
2020年の燃ゆる感動かごしま国体を間近に控え、組織を挙げて大会運営の準備と選手強化に全力を注いでいる最中ですが、当岳連としては国体終了後のスポーツクライミングのさらなる普及発展をも視野に入れて競技人口の増加、競技施設の充実を目指すことにしています。

山岳領域における活動については、登山人口の増加を目指して安全登山講習会、岩登りや沢登の講習会、積雪期登山の技術講習会、救急訓練講習会など、日本山岳・スポーツクライミング協会や文部科学省登山研修所等とも連携しながら従来以上に積極的に実施していきます。
また、山を愛し自然を愛し人を愛する子供たちを育てるためのジュニア普及活動も当岳連の重要な活動の一つです。
そのために、現在加盟している『かごしまクライミングスポーツ少年団』に加えて多くのクライミングスポーツ少年団の育成をも図っていきます。

今後は登山愛好者やアルパインクライミング、スポーツクライミング愛好者の人たちが自分たちの活動の拠点として当鹿児島県山岳・スポーツクライミング連盟に加盟していただけるよう組織運営や活動の見直しを行なってまいります。
忌憚のないご意見、ご助言をお待ちしております。

最新記事